男性の更年期障害 | 何らかの症状が出たら、早めに治療を行なってくれる専門機関に行く

何らかの症状が出たら、早めに治療を行なってくれる専門機関に行く

体にやさしい情報!

男性の更年期障害

更年期障害は、女性のホルモンバランスの乱れによって起こるものとされてきましたが、現在男性にも起こる可能性があることが分かってきています。
男性の更年期障害は、40代以降に発症するとされていて、女性よりも長い期間症状が続くこともあるので注意が必要です。
人によっては、60代や70代と年齢が高くなってから発症する人もいます。
女性の更年期障害と同じように、周りのサポートが必要になってきます。

男性の更年期障害の症状は女性と同様に、ほてりやのぼせといったものがあります。
他にも便秘や残尿感といった泌尿器系の症状や,EDや性欲低下といった性機能症状があります。
肩こりや関節痛などの、一般的に起こり得る症状も混じっているので、更年期障害の症状であるということを自覚しにくい場合もあります。
男性の原因として、男性ホルモンの分泌の減少が挙げられています。
通常加齢と共に男性ホルモンも減少していきますが、現代社会の問題とも言えるストレスが、減少に拍車をかける場合があります。

男性の更年期障害のときに起こる泌尿器障害の中で、最も注意が必要なのが前立腺肥大です。
前立腺は男性の膀胱の下にあって、男性のみが持つ生殖器です。30代までに完全に成長するとされていますが、40代でも発育があった場合、尿道を圧迫して排尿障害を起こすとされています。
前立腺肥大はガンになるケースもあります。また同時に発症する恐れもあります。
男性も泌尿器障害があったときは更年期障害を疑い、早めに病院に行きましょう。
治療法として、ホルモンの補充療法や投薬などがあります。
更年期障害と気付かずにうつ症状になることもあるので、パートナーがいる人は夫婦で更年期に対応していくことが理想的です。