自分で出来る対策 | 何らかの症状が出たら、早めに治療を行なってくれる専門機関に行く

何らかの症状が出たら、早めに治療を行なってくれる専門機関に行く

体にやさしい情報!

自分で出来る対策

更年期障害の原因を知って、病院に行くという方法もありますが、自分自身でケアや対策をしていくことが大切です。
手っ取り早く行える方法として、生活習慣の改善があります。これは様々な病気の予防や、健康維持のためにも重要なことです。
更年期障害の症状は、睡眠や運動、食生活や日々のストレスといった生活習慣が関係しています。
仕事や育児といったことで、運動するのはなかなか難しいことですが、ちょっとした距離を電車やバスを使わずに、歩く意識をするだけで適度に運動することが出来ます。
起床時間を早めたり、就寝時間をなるべく早めたりする努力をするだけで、体の調子が整ってきます。

更年期障害の症状緩和に、女性であればイソフラボンの成分が効果的とされています。
女性ホルモンのエストロゲンと、納豆や豆腐のような大豆食品に含まれているイソフラボンが似ていて、女性ホルモンと同じような働きをすると言われているからです。
女性は大豆食品やイソフラボンが含まれたサプリメントを積極的に摂っていきましょう。
また、カルシウムの不足を補うため、カルシウムの吸収を良くするビタミンDやビタミンKの摂取も大切です。
食生活や普段の生活習慣の見直しも大切ですが、日常生活の中でストレスを溜め込まないようにすることも重要です。
更年期になると、子供やパートナーとの家庭問題、会社での問題といった様々な問題に出くわしやすくなります。
そういったときに、ストレスをいかに上手に発散するのかも、更年期障害と向き合うためには大切なことです。