若い人でも | 何らかの症状が出たら、早めに治療を行なってくれる専門機関に行く

何らかの症状が出たら、早めに治療を行なってくれる専門機関に行く

体にやさしい情報!

若い人でも

更年期障害は中高年に起こるのが一般的でしたが、近年若い人でも更年期障害になることが分かってきました。
若年性更年期障害といって、50代ではなく20代や30代で発症するものを指します。
年齢的には更年期ではないにも関わらず、更年期障害の症状として一般的なホットフラッシュやうつ症状が見られるケースが有ります。
更年期ではないですが、更年期障害と同じような症状が出ることから、若年性更年期障害と名付けられています。

若年性更年期障害の原因として、強いストレスを受けているという問題が挙げられます。
他にも不規則な生活や、無理なダイエットが原因とされています。
そもそも更年期障害の原因は、女性の卵巣機能が低下して、エストロゲンの分泌量が減ることによるホルモンバランスの乱れと言われています。
ですが生活習慣の乱れやダイエットにより、ホルモンバランスの乱れが起こることがあります。
20代の女性であれば、会社に入り仕事をしていく中で、ストレスを感じてしまうことがあります。
30代であれば、結婚や妊娠、出産後といった様々な生活の変化が、体に無意識にストレスとなっていることがあります。
若年性更年期障害は、月経前症候群と間違われやすいので、月経前後でもないのに症状が出ている場合は、婦人科を受診しましょう。

若年性更年期障害の場合、治療が遅れてしまうと大変なことになってしまいます。
特に無月経の期間が長いときには、婦人科に早めに受診が必要です。
無月経が早期閉経なのか、あるいはホルモンバランスの乱れなのかといった原因を調べることが大切です。
ホルモンバランスの乱れであれば、日々の生活習慣の改善を行なうことで解決する場合があります。
早期閉経であれば、症状緩和や骨粗しょう症といった病気を防ぐために、様々な治療が必要となってきます。